セキュリティポリシー

情報セキュリティ基本方針


現代のICT技術は、企業や組織の活動の効率化やサービス向上ばかりでなく、個人生活の向上に大きく寄与する反面、個人情報等の漏えいといった危険性もあり、問題が発生した場合は、広範囲の関係者に迷惑をかけたり、企業においては信頼が損ねられ、また、経営に深刻なダメージをもたらすことが有ります。
このため、企業にとって、情報セキュリティ対策を講じることは、ますます重要な課題になっております。
パールナレッジ有限会社(以下「当社」という)は、お客様との信頼関係の上に成り立っています。
当社がお客様の信頼を保持し、より良いサービスを提供していく上で、お客様の情報および会社の情報資産(情報および情報システムを指す)について、紛失、盗難、破壊、不正アクセス等の脅威から守るため、以下の通り、情報セキュリティ基本方針を策定し、安全かつ適正な情報セキュリティ対策を実施します。
  1. 当社は、情報セキュリティ対策を企業倫理上、最重要な要素の一つとして位置付けて、それを遵守してまいります。
  2. 当社は、情報セキュリティの担当者を選任し、情報セキュリティポリシーを会社組織として遵守する責任と権限を与え、情報セキュリティ対策を注意深く実施いたします 。
  3. 当社は、情報資産の保護を図るため、適切な物理的セキュリティ対策を実施し、情報資産の安全を確保いたします。
  4. 当社は、情報資産の安全かつ適正な管理、運用を推進するため、セキュリティ対策の社内標準とマネジメントを確立し、定期的にその見直しを行うとともに情報システムの機密性、完全性、可用性を確保いたします。
  5. 当社は、情報セキュリティの意識と技術の向上を目的に、全社員および、事業パートナーに対し、啓蒙教育を継続的に実施いたします。
  6. 当社は、お取引先様との契約に基づくセキュリティ義務による要求事項、個人情報保護法等の情報セキュリティに関する法令、その他の規定を遵守し、決して逸脱することの無いようにいたします。
  7. 当社は、情報セキュリティ事故の予防に万全を尽します。なお、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。
2014年1月1日
情報セキュリティ対策責任者 大和 晴彦